So-net無料ブログ作成

初めての旅行透析 [日記]





お久しぶりです。

このたびの熊本・大分方面の震災に合われた皆さん、心よりお見舞い申し上げます。

私と同じように、透析が必要な患者さんが、病院の施設によっては透析を受けられず、

ほかの病院に行かなければならないというニュースを聞いて、

健康な方でも震災という問題に対処することはむつかしいのに、

病気を抱えている方々のことを思うと、自然は非常だ、と思わずにいられません。

一生懸命動いてくれてる方もいます。なんとか、医療の手が届きますように。

さて、先日の旅行の続きです。

私は、月・水・金曜日には沖縄でも、地元へ帰省するときも透析を受けてます。

今回の京都旅行では、初めて旅行先で透析を受けてみました。

祭日だけど、透析専門の医療機関なら受け付けていると思って、

あえて通常と同じスケジュールで予約をしてみました。

場所は、京都駅から歩いて10分程度のところ。

私が那覇で以前受けていた透析センターや、

横浜の実家に帰省するときお世話になるところのように、透析患者以外はいないところです。

(千葉では、総合病院の透析室に行くので、受付や会計は総合病院の方です)

朝ご飯はホテルの朝食バイキング。

昨日遅い時間に食べていたので、フルーツヨーグルトとシリアルだけにしました。

息子も早起きして、一緒に食べて、病院へはダンナさんが送ってくれました(徒歩で)。

外は晴れてきたけど、北風が冷たいっ!

病院は地下街を出て、目印のホテルを曲がるとすぐのところでした。

番地はここだと思うところで、表から見てすぐ病院かな、

という雰囲気はなかったのですが、

ビルの入口に守衛さんがいて、聞いたら、そのビルの5階とのことです。

エレベーターに乗って、降りてすぐの入り口を入ると、

まさに透析センターなのですが、パーテーションで区切られてて、

奥までは見渡せません。

今までと違って、個室のように仕切りがあるのです。

受付でしばらく待った後、事務の方に案内されて向かった更衣室は、

エレベーターに乗って1階上の6階。

割と広い待合室もあり、更衣室も広いけど、

着替えてまたエレベーターに乗るというのは意外でした。

また、よく行く透析センターでは、

透析室に入るとき、サンダルを貸し出してて、履き替えるのですが、

それがなかったので、自分でサンダルを持ってきたほうが良かったです。

パジャマのような服に着替えて、ショートブーツでエレベーターに乗るのは、ヘン。

透析したのは、このようなところ。





このように、周りをくるっと囲まれています。

なるほど、個室ですね~。

上は空いてるので、ほかの患者さんの声やナースコールは聞こえます。

だんだん、こちらにスタッフが近づいて来るのも分かります。 

maedatouseki.JPG

透析センターというのはどこでも男女一緒の透析室ですし、

こういうプライバシーが守れるところは初めてですから、

落ち着くことは落ち着きます。

ただ、フラットになるシート式とはいえ、ベッドと違って幅は狭いので、

いつものようにぐーすか寝ることはできませんでした。

ちょうど選抜高校野球の試合が始まってましたので、ほとんど見てましたよ♪

ここで、京都のナースさんが、

「ほかの地方からいらした方は、京都の人間ははんなりしゃべらはるとお思いですが、

そんなん観光の接客の人だけですぇ。」

京都人も関西のもんやから、せっかちです。とおっしゃってました。

確かに、しゃべりながらもてきぱき働かれてて、

何度もナースコールする患者さんにはキビシー対応なさってましたね。

私はだらだらとしたスタッフは実は苦手なので、ありがたい~(^▽^)

私がそんなんしてる頃、ダンナさんと息子は京都見物です。

nijojo.JPG

まずは、ホテルから近い二条城へ。

私が、教科書の大政奉還のページに乗ってる部屋がありますよ~と、

おすすめしたところです。

お屋敷も広いしお庭も広いので見ごたえあります。

広い!広すぎる!と言って歩いたとか・・(^^;)

でも、透析の4時間は、ここだけでは時間があまったようです。

二人で、嵐山もいったそうです。

地下鉄も市バスも、嵐電も乗り継いで、二人旅。ええなぁ~。

渡月橋はびっくりするほど人がいっぱいだったそうですけどね。

橋の欄干で写真を撮るのも順番待ち、とか。

途中で、偶然にも本能寺跡地を見つけて、

敵は、本能寺にあり!などと、二人でポーズをとる写真などを送ってくれましたよ^^

透析が終わって、戻ってきたらホテルのベーカリーでパンを買ってきてもらい、

おひるごはんにしました。(ここでもカレーパンが!)

外へ行くにはちょっと疲れてたので。

午後も私がホテルで寝てる間に、

二人で凡斗町や花見小路の夕景を楽しんできたとか。

予想以上に息子が付き合ってくれて、たくさん乗り物に乗って、歩いて、

ダンナさんはニコニコでした。

こんなに息子とたっぷり旅行らしいことができるなんて、うれしかったっと言って。

さて、この日一泊して、翌日午後に沖縄に帰るのですが・・・。

空港で大変なことが!・・・続きます。


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 2

hatumi30331

お疲れさま。
旅先で透析、これも経験やね。
これからもあるかもしれないからね。^^

息子さんと一緒にいっぱい歩いておしゃべりしたのかな?
楽しいひと時やったんやね。^^

空港で何が!?
気になる〜〜〜〜!
by hatumi30331 (2016-04-19 19:37) 

ぴーすけ君

透析を旅行先で そういうこと今はできるんですね。

by ぴーすけ君 (2016-04-19 20:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。